お肌のための食事入門

野菜は温野菜でたっぷり

生野菜を食べると、ビタミンを効率よく摂ることができるイメージがありますし、
生野菜のほうがヘルシーなイメージがあります。
そのため、生野菜のサラダや野菜ジュースで野菜を補給しようと考える人が多いのですが、
野菜をしっかり摂りたいのであれば、生野菜や野菜ジュースよりも、温野菜がおススメです。
色々な野菜を温野菜でたっぷり摂りましょう。

 

一日に摂取したい野菜の量は、緑黄色野菜が100グラム、淡色野菜が200グラム、
そして、豆やきのこ、海藻などを50グラム、合計350グラムくらいです。

 

緑黄色野菜とは、100グラムあたり、600μg以上のβカロテンを含む野菜のことです。
βカロテンには、体内で発生する活性酸素を分解し、肌老化を食い止める働きがあります。
具体的な野菜の量で言うと、人参で言えば中サイズ1本くらいが100グラムです。

 

淡色野菜とは、緑黄色野菜以外の野菜のことです。
淡色野菜は、βカロテンは少なめですが、
他のビタミンやミネラル、食物繊維などはたくさん含まれているので、
健康維持や美肌作りには欠かすことが出来ません。
これだけの量の生野菜を食べるのはとても大変です。
それに、生で食べることができる野菜は種類が限られていますし、
サラダに使われるレタスやキュウリなどは大半が水で、ビタミンや食物繊維も多くありません。

 

また、生野菜は体を冷やしてしまうことが問題です。
手軽な市販の野菜ジュースは、ビタミンが壊れています。

 

野菜から十分な栄養を摂るためには、加熱をしてカサを減らし、
色々な種類の野菜を食べるようにしたほうが効率的ですし、おススメです。

 

ビタミンを守るためには、長時間水にさらしたものを避けること、
そして、加熱も短時間で済ませるようにしましょう。

 

緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンは、油と組み合わせることによって吸収率が高まり、
吸収された後、体内でビタミンAにかわります。

 

<体を冷やす食材と温める食材>

 

東洋医学では、食べものには、体を温めるものと冷やすものがあると考えます。
これを「食性」といいます。

 

体を温める食材を「温性」といいます。
温性の食材の例としては、にら、しょうが、かぼちゃ、青魚、牛肉、鶏肉、黒砂糖などがあります。

 

体を冷やす食材を「寒性」といいます。
寒性の食材の例としては、レタス、柑橘類、柿、そば、大根、トマト、白砂糖などがあります。

 

また、温性にも寒性にも属さない食材を「平性」といいます。

 

冷え症の人は、寒性の食材をとりすぎないようにし、
寒性の食材を食べるときには、温性の食材と組み合わせるようにすることが必要です。