お肌のための食事入門

コラーゲンを食べても肌のコラーゲンにはならない

お肌のために、コラーゲンを含む食品をしっかり食べようと努力したり、
サプリメントでコラーゲンを補給しようとしている人は多くいます。
ですが、肌のコラーゲンの材料はコラーゲンだけではありません。
コラーゲン食として鍋などに使われているのは殆どがゼラチンですし、
サプリメントに使われている魚の鱗や骨などからとったコラーゲンは、
ヒトのコラーゲンとは構造が違うのでそのまま定着することはありません。

 

コラーゲンは、真皮の70%を占める物質です。
たんぱく質の一種で、ゴムのように弾力がある繊維であり、
肌の中に網目状に広がって張りを保っていますが、
紫外線のダメージや加齢などによって弾力を失っていきます。

 

古くなったコラーゲンは分解され、
新しく作られることによってゆっくりと新陳代謝をしています。

 

ですが、40代以降になるとコラーゲンが作られる量が少なくなるので、
肌のハリも衰えてしまうのです。

 

このような肌老化を防ぐためには、コラーゲンを増やすケアが必要です。

 

しかし、コラーゲンを食品から摂取しても効果は殆ど期待できません。
たんぱく質の一つであるコラーゲンは、体内でアミノ酸に分解されたあと、
必要な種類のたんぱく質に合成され、体内で使われます。
食べたコラーゲンは、そのまま肌に定着することはありません。

 

年齢を重ねるに連れて、コラーゲンの生清に必要なホルモンの分泌量は減ります。
コラーゲンを作る細胞の働きも弱まります。

 

このような状態の中で、コラーゲンを増やすためには、
ビタミンC誘導体やレチノール配合の化粧品を使う事が必要です。

 

たんぱく質はコラーゲンの材料となるアミノ酸をバランスよく含んでいます。
たんぱく質を十分にとり、コラーゲンはスキンケアで補っていきましょう。