お肌のための食事入門

食事は3食きちんと食べる!

ダイエット中なので、夕飯は殆ど食べないという人もいます。
ですが、食事と食事の間を空けると太りやすくなります。
不規則な食べ方は太るもとですから、きちんと3回食事を食べることが大切です。
食事の内容にも気をつけましょう。

 

一日の摂取エネルギー量が同じであれば、なるべく小分けにして食べたほうが太りません。
一度にたくさん食べると、血糖値が大きく上がります。
そして、血糖はエネルギー源として使われますが、
多すぎて使いきれなかった分は脂肪に代わってしまいます。

 

ダイエット中であっても、一日二食にするよりも、
三回に分けてきちんと食べたほうが効果があります。

 

ただし、毎回に食べる食事量が多くなり、一日のエネルギーの量が増えれば肥満になります。
エネルギー量が多い油脂、血糖値を上げる糖質(炭水化物)は摂りすぎに注意が必要です。
甘いパンなどは、油と糖の両方をたっぷり含んでいるので気をつけましょう。
パスタやサンドイッチ、ピザなどもとてもカロリーが高いです。

 

ダイエット中におすすめなのは、あっさりとした和食です。
ご飯の量を少なめにし、エネルギーを調節してください。
野菜や海藻など、食物繊維がたくさん含まれているものを食べるようにすると、
血糖値の急な上昇を抑えることが出来ます。

 

食物繊維は、糖の吸収を抑え、血糖値の上昇を緩やかにする働きがあります。
また、コレステロールの吸収も抑えます。
食事の前に、食物繊維をしっかり摂る習慣を身につけると、太りにくくなるでしょう。